美容室と市販のカラー剤の違い

田口友章

美容室のカラー、市販のカラーは薬剤の配合バランスが違います。
ここが一番の違いです。

美容室のカラーは、髪のダメージを極力抑えた調合で絶妙な技術できれいに染めることができる♪♪

市販のものは、雑に扱ってもそれなりにきれいに染めることができるような調剤です!

違いはすぐではなく、繰り返し行っていった後3ヶ月~6か月後から表れます

髪は一度傷んでしまうと、健康な状態には戻らずトリートメント、ケア剤などをずっと使って維持することでしか対応ができなくなります

美容師はしっかり、お客様の髪の状態も考えて、薬剤を選びますが市販品はその時の仕上がりのみを優先します。

ずっと先のことを考えるといかに美容室で染めるのが大事かわかりますね
img_1484

go top